尋找我的醫師

受付内容

英語、日本語でのご予約が必要な方は遠慮なくご連絡下さい。速やかに連絡致します。

予約します

検診内容のご紹介

産婦人科

予防医療の塗抹検査、HPV検査、一般的な婦人科疾患

  • 遺伝子診断センター羊水検査、遺伝子カウンセリング、遺伝子診断、DNA鑑定
  • 妊娠検査診断センター妊娠高血圧、ダウン症検査、妊娠検査
  • 胎児医学映像センター胎児スクリーニング超音波、3D/4D超音波
  • MISセンター単孔式腹腔鏡、婦人科の各低侵襲手術
  • 出産分娩センター24時間対応、帝王切開式分娩、陣痛分娩室(LDR)、水中出産

小児科

児童心身発展検査、一般的な小児科疾患

  • 予防医療センター児童予防保健、ワクチン接種、健康検診
  • 新生児映像センター各器官の超音波検査、新生児スクリーニング検査とチェック、レントゲン
  • 胎児医学映像センター胎児スクリーニング超音波、3D/4D超音波
  • 児童検診風邪、アレルギー、胃腸、皮膚等の疾患

乳房外科

  • 乳房医療センター乳房超音波、全自動3D乳房超音波スキャナー、乳房撮影(マンモグラフィー)、乳房腫瘍手術

美容フィットネス医療センター

マタニティヨガ、産後ヨガ、フィットネスセンター、産後のボディデザイン、デリケートゾーンの緊縮レーザー治療、性機能障害

皮膚科

妊婦や小児科の皮膚疾患、一般的な皮膚疾患

親子予防歯科

口腔健康診査、フッ素塗布、歯石除去、PMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)

検診項目のご紹介

産婦人科

  • 羊水検査、絨毛検査、臍帯血検査侵襲的な検査技術は基本医療が取り替われない技術です。その侵襲的な検査は禾馨医療チームが長い経験を持っており、採集したサンプルは当院の慧智医療検査所と慧智遺伝子医療実験室に送って、染色体検査、遺伝子チップ検査、単一遺伝子疾患の検査等を行います。
  • 遺伝カウンセリング遺伝カウンセリングにより、遺伝子疾患の正しい知識、遺伝のしかた、と今後の状況について詳しく理解できます。禾馨医療の遺伝子カウンセラーは患者さんに、より満足度の高いカウンセリングを提供し、疾患について、疾患の理解から検査の選択方法、検査結果の判断と説明を行います。そして、それらに基づいた将来に向けての意志決定や医療行為等も協力致します。遺伝子カウンセラーは現在の遺伝子医療において、欠かすことの出来ない大切な存在です。
  • 胎児スクリーニング超音波/3D4D超音波超音波検査のおかげで、お腹の中の胎児の発育状況をフォーロー出来ます。禾馨医療超音波チームは最先端のGE Volusion E8を使って妊娠初期のダウン症と軟部組織の検査、胎児スクリーニング超音波と3D/4Dの超音波を行います。そして、胎児の異常を発見したら、すぐに詳しい検査を受けられます。
  • ダウン症の検査以前、出産前遺伝子診断技術がまだ完全ではなかった時、胎児の状況が正常かどうか診断しにくい状況でした。一方、現在では出産前の診断技術と超音波映像解析の技術が大きく改善され、これらの検査は出産前に最も大切な部分になっています。皆さんが知っている通り、人間の21番染色体が1本多い状態を(普段は2本です)ダウン症と言います。それは体の中に存在していないはずの遺伝子が余分に存在している疾患です。患者さんが生活する中で、家庭と社会にとって負担が大きくなります。ダウン症の検査技術が進歩する事は出産前診断技術の発展の証とも言えます。
  • 妊娠高血圧ハイリスククループ検査(専門医:林思宏先生)妊娠高血圧は妊婦と新生児の死亡率が高くなる主な原因なので、予防しなければなりません。禾馨産婦人科の経験により、妊娠早期に子宮動脈血流の検査、胎盤増殖因子の値(Placenta Growth Factor,PIGF)と妊娠関連血漿タンパク質A(PAPP-A)の値の測定を妊娠34週より前に行った場合早期妊娠高血圧の発見率は95%となります。
  • 単孔式腹腔鏡下手術(Single port access surgery、SPA surgeryと簡略します)婦人科腫瘍に対して手術です。臍で1.2-1.5センチの入口を開き、その入口を利用して行った手術て、術後の傷跡が極限めで小さく、ほとんど目立ちません。子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮外妊娠、卵管結紮の手術、診断するために行った腹腔鏡に適しています。

小児科

  • ワクチン接種各公費自費のワクチンがあります。BCGワクチンは水曜日の午前中だけ接種出来る以外は、他のワクチンは何時でも接種出来ます。
  • 一般的な小児科疾患台湾三大小児科大学病院の台湾大学、長庚と馬偕のトレーニングシステムを卒業した専門医の5人で、月曜日から日曜日まで毎日検診を出来るように対応致します。
  • 小児科専門医の検診小児心臓内科、小児呼吸内科、小児感染科、小児胃腸科、新生児等専門の医師が在籍しているため、一つの病院で各分野の専門医による診察を受付する事が出来ます。
  • 超音波検診映像解析が高い機器で腹部超音波、脳部超音波、心臓超音波、股関節超音波の検査を行います。そして、木曜日の午前中と午後は総合超音波の検診時間で、一回の検診で多様な検査が受けられます。
  • 新生児黄疸検査非侵入性の経皮的ビリルビン測定器で測定する以外に、直接ビリルビンと間接ビリルビンの量も測定が出来て、肝胆疾患を早めに発見出来るようになりました。

乳房外科

乳房医療センターの紹介

乳がんは台湾女性がんの中でも第一位であり、毎年乳がんと診断される女性は約12,000人も増えています。国民保健所より、早期発見早期治療のため、45-69歳の女性に2年一回のマンモグラフィー検査を行うアドバイスを行っています。しかし、乳がん患者は四分の一が45歳以下の方で、半分以上の女性は乳房組織の密度が高いため、マンモグラフィー検査でしこりの発見率は影響されるかもしれません。

乳房疾患の中で最も多いのは乳房の痛みです。妊娠、哺乳期の乳房トラブルは女性にとって一番の悩みです。禾馨乳房医療チームはその悩みを注視し、その悩みに対して新たな方法を提案し、女性一人一人に最も良い医療サビースを提供出来るように日々努力しています。

  • 超音波自動ブレストボリュームスキャナ(ABVS)乳房のしこり、密度が高い乳房と妊娠哺乳期の乳房にとって、最も良い診断方法は乳房超音波です。しかし、普通の乳房超音波は技術員の技術により、写真映像が揃えない事もあります(一般の乳房エコーは約10枚ですが、AVBSは2000枚以上の写真映像が確認できます)。研究により、1センチ以下の乳がんしこりや乳腺内の異変は一般的な超音波よりABVSで使うと発見率が高いです。ABVSは特有の冠状断撮像があるため悪性腫瘍の範囲と組織構造の異変がはっきりど表現できます。
    ABVSは映像がスタンダードに表示できます。画像はボリュームデータで取得するため,両サイドの異変が多くでも一つ一つを記録出来ます。禾馨医療のホームページとアプリ中の映像検索システムに詳しく説明しますので、映像のチックと前後比較も完全に出来ます。
  • 超音波を使って傷が小さい乳房腫瘍手術乳房検査は早期の乳がんだけではなく、がんになる前の異変もしくは良性しこりも発見出来ます。そして、超音波を使って、針を刺し、細胞を取る方法は複雑な疾病に対して最も良い診断方法です。追跡期間に良性しこりは悪性になる可能性もありますので、良性しこりやハイリスク腫瘍を摘出するのは必要なことです。どうやって気持ちいい環境で一番いい状態でその異変を摘出か?真空吸引システムを使って、超音波映像の上に傷が小さい乳房腫瘍手術を行うことはいい選択肢と言えます。乳輪の辺りに0.5センチの目立ったない傷を作って、乳房腫瘍の悩みが解決出来ます。さらに、手術中に乳房撮影はずっと行っているので、触診で発見できない腫瘍でも取り出せます。乳房の石灰化を摘出する時もこの方法を使えます。一方、もしがんになる可能性が凄く高いなら、伝統的な手術方法で広い範囲を摘出するほうがお薦めです。乳房良性しこりはこの方法で手術して、外見と回復状況を見て、傷が小さい乳房腫瘍手術は良い手術方法です。又、当院で手術される場合は、手術前に良い病状分析をし、良いコミュニケーションを取り、患者さん一人一人の治療プランを理解するよう、良い信頼関係を作ります。
  • 傷が小さい乳房腫瘍手術超音波を使って、針を刺し、細胞を取る方法は複雑な疾病に対して最も良い診断方法です。真空吸引システムを使って、超音波映像の上に傷が小さい乳房腫瘍手術を行います。乳輪の辺りに0.5センチの目立ったない傷を作って、乳房腫瘍の悩みが解決出来ます。さらに、手術中に乳房撮影もずっと行っているので、触診で発見できない腫瘍でも取り出せます。乳房の石灰化を摘出する時もこの方法を使えます。
  • 妊娠哺乳期の乳房疾患妊娠中と哺乳期にホルモン、血管増生と乳腺小葉増生の原因で、乳房は生理性の変化を行われます、その変化は乳房の異変を隠されるかもしれません。そのことを予防するために、最先端の乳房撮影機器を設置し、予防検査と乳房しこりの発見を行います。

禾馨美容フィットネス医療センター

検診している時に、現代の女性は自分の体にとでも関心がある事が分かりました。
産後皮膚、ボーディやデリケートゾーンの事で診察を受ける方が増えしました。
禾馨美容フィットネス医療センターは女性に専属なサビースを提供し、産婦人科、皮膚科、美容整形外科の医者が集まって、一番いいサビースを提供します。
当院にいらっしゃる女性達は自信を持って、健康な生活に帰られるように楽しみにしています。
自分の事を大事にする女性が一番美しくて幸せです。

  • 体のフィットネス傷が出ないフリーズファット又は超音波で脂肪を溶かせる技術を利用して、脂肪の厚みを減らし、妊娠前の美し状態に戻します。
  • 超音波/電波リフトアップ顔にたるみ、しわが出る事は老化の始まりです。年齢肌のせいて、美しさを失ってしまったと思うなら、非侵襲的な超音波と電波リフトアップを利用し、リフトアップの効果が高くなります。
  • デリケートゾーンの緊縮レーザー治療デリケートゾーンの緊縮レーザー治療は傷なしのレーザー治療です。レーザーを用いて膣の処にコーラゲンを増生し、緊縮されます。その治療は尿漏れと分泌物の改善がはっきりと見えます。
    産後4から6週の間にデリケートゾーンの緊縮レーザー治療を受けるなら、デリケートゾーンの緊縮が出来るし、尿漏れ問題も予防出来ます。

皮膚科

妊娠中のお肌トラブルに悩みませんか、禾馨医療皮膚科の先生と一緒に相談しましょう!!

妊娠中のお肌トラブルが何かありますか?

妊娠中のお肌トラブルがあったのは女性ホルモンの「プロゲステロン」「エストロゲン」が増加するためです。また、ホルモンバランスが崩れ、代謝に変化が起き、ターンオーバーも遅れやすくなるので、妊娠中にお肌トラブルが起き易くなります。例えば、しみ、そばかす、色素沈着、皮膚乾燥、かゆみ、にきびとむくみ等があります。しかし、妊娠中のお肌トラブルについての治療方法は制限されているので、うまく行けない場合も良くあります。禾馨皮膚科は米国のFAD薬剤分類システムにより、薬剤を選び、治療を行います。妊婦さんも産婦さんも安心で治療を受けられます。