受付内容

英語、日本語でのご予約が必要な方は遠慮なくご連絡下さい。速やかに連絡致します。

最新情報

お知らせ:コロナウイルス(COVID-19)に関する防疫情報(0311更新)

1. 新型コロナウイルス感染拡大防止に対する台湾政府の政策を鑑み、妊婦や新生児、児童の受診権利を守る役割を果たすため、本日より、なでしこ医療全体は14日以内、台湾疾病管制署に公報された渡航警報レベル1.2.3に当てはまる国への渡航歴(乗り継ぎ/乗り換え)、旅行者との接触歴ある方の外来受診と面会を原則禁止させて頂きます。上記の方々はかかりつけ医や大学病院にお尋ねください、予防接種については延期するようによろしくお願い申し上げます。

2. 本日より、なでしこ医療各分院にお越しくださった皆様(受診、面会、業務上のためを含め)にマスクの着用を厳守する事、そして体温測定を受けることのご協力をお願い申し上げます。まだ、受診と面会は身分証明書/保険証/居留証/パースポート/運転免許証をご提示し、接触歴と渡航歴などの感染リスクを確認させて頂いてからになります。

3. 発熱のため受診したい場合、渡航歴、接触歴や職業別などの感染症調査をご協力してください、必要に応じて随時に診断や通報をさせて頂きます。まだ、病状や事情を隠蔽された場合は15万元の罰金を科せられる、そして状況に応じ強制転医をさせて頂きます。

4. 感染する可能性を抑えるため、入院中のお客様のご面会は一等親に限ります(一等親は1に当てはまる場合はお断りします。)、来られる際に1階に受付簿の記入をお願い申し上げます。面会は2名まで、通常面会の再開は見合わせております。

予約します

検診内容のご紹介

産婦人科

予防医療の塗抹検査、HPV検査、一般婦人科疾患

  • 遺伝子診断センター羊水検査、遺伝子カウンセリング、遺伝子診断、DNA鑑定
  • 妊娠検査診断センター妊娠高血圧、ダウン症検査、妊娠検査
  • 胎児医学映像センター胎児スクリーニング超音波、3D/4D超音波
  • MISセンター単孔式腹腔鏡、婦人科の各低侵襲手術
  • 出産分娩センター24時間対応、帝王切開式分娩、陣痛分娩室(LDR)、水中出産

小児科

児童の心身発展に関する検査、一般小児科疾患

  • 予防医療センター児童予防保健、ワクチン接種、健康検診
  • 新生児映像センター各器官の超音波検査、新生児スクリーニング検査とチェック、レントゲン
  • 胎児医学映像センター胎児スクリーニング超音波、3D/4D超音波
  • 児童検診風邪、アレルギー、胃腸、皮膚等の疾患

乳房外科

  • 乳房医療センター乳房超音波、全自動3D乳房超音波スキャナー、乳房撮影(マンモグラフィー)、乳房腫瘍手術

美容フィットネス医療センター

マタニティヨガ、産後ヨガ、フィットネスセンター、産後のボディデザイン、デリケートゾーン、膣レーザー、性機能障害

皮膚科

妊婦や小児科の皮膚疾患、一般皮膚疾患

親子予防歯科

口腔健康診査、フッ素塗布、歯石除去、PMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)

検診項目のご紹介

産婦人科

  • 羊水検査、絨毛検査、臍帯血検査侵入性検査は遺伝子医療になくではないなら技術であり。禾馨医療チームには長年の経験を持っており、採集したサンプルは当院の慧智医療検査所と慧智遺伝子医療実験室に送り、染色体検査、遺伝子チップ検査、単一遺伝子疾患などの検査等を行わせていただきます。
  • 遺伝子カウンセリング遺伝子カウンセリングに遺伝子疾患の正しい知識、遺伝の仕組みや可能な予後の状況を説明させて頂ければ、遺伝子についてより詳しく理解出来る様になります。当院の遺伝子カウンセラーは患者さんにより全面的、尚且つ正しく、満足度が高いカウンセリングを提供し、疾患について、疾患の理解から検査の選択方法、検査結果の解析と説明を行います。そして、それらに基づいた今後の治療方針や医療行為等も協力致します。遺伝子カンセラーは現代の遺伝子医療の中になくではならない大切なパートナーです。
  • 胎児スクリーニング超音波/3D4D超音波超音波検査は、お腹の中の胎児の発展状況をフォーロー出来ます。禾馨医療超音波チームは最先端のGE Volusion E8を使い妊娠初期のダウン症と軟部組織の検査、胎児スクリーニング超音波と3D/4Dの超音波を行えます。そして、いつでも胎児の異常にみつかれましたら、当院は速やかに詳しく検査を案内いたします。
  • ダウン症の検査以前、出生前遺伝子(しゅっしょうぜんいでんし)診断技術まだ完成させていない時は、胎児の状況は診断しにくいでした。ただ、現在出産前の診断技術と超音波映像解析の技術が大きく改善され、ダウン症の検査技術も進んでいます。出産前の検査の中にも今になって最も大切な部分になっています。一般的に知られているダウン症は、人類の21番染色体が1本多くなった(正常は2本)との事です。つまり体の中に存在していないはず遺伝子が余分にあっての疾患です。自然流産や胎児死亡以外、ダウン症は様々な症状を生じます、医学の進めにて寿命は以前より伸びていますが、家族と社会的なサポートは必要となります。
  • 妊娠高血圧ハイリスクグループ検査(専門医:林思宏医師)妊娠高血圧は妊婦と新生児の死亡率が高くなる主な原因なので、予防しなければなりません。禾馨産婦人科の経験により、妊娠早期に子宮動脈血流の検査、胎盤増殖因子の値(Placenta Growth Factor,PIGF)と妊娠関連血漿タンパク質A(PAPP-A)の値の測定を妊娠34週より前に行う場合は早期妊娠高血圧の発見率は95%となります。
  • 単孔式腹腔鏡下手術(Single port access surgery、SPA surgeryと簡略します)婦人科腫瘍に対して手術です。臍で1.2-1.5センチの入口を開き、その入口を利用して行った手術て、術後の傷跡が極限めで小さく、ほとんど目立ちません。子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮外妊娠、卵管結紮の手術、診断するために行った腹腔鏡に適しています。

小児科

  • ワクチン接種各公費自費のワクチンがあります。BCGワクチンの接種は予約のみで、懐寧分院の金曜日朝診、新生分院の火曜日朝診と民権分院水曜日の朝/昼診しか接種できないが、その他のワクチンは随時に接種出来ます。
  • 一般小児科疾患台湾三大小児科大学病院の台湾大学、長庚と馬偕のトレーニングシステムを卒業した専門医の5人で、月曜日から日曜日まで毎日検診を出来るように対応致します。
  • 小児科専門医の検診小児心臓内科、小児呼吸内科、小児感染科、小児胃腸科、新生児などの専門医が在籍しているため、一つの病院で各分野の専門医のによる診察を受けることが出来ます。
  • 超音波検診映像解析が高い機器で腹部超音波、脳部超音波、心臓超音波、股関節超音波の検査を行います。そして、木曜日の午前中と午後は総合超音波の検診時間で、一回の検診で多様な検査が受けられます。
  • 新生児黄疸検査非侵入性の経皮的ビリルビン測定器で測定する以外に、直接ビリルビンと間接ビリルビンの量も測定が出来て、肝胆疾患を早めに発見出来るようになりました。

乳房外科

乳房医療センターの紹介

台湾の女性ガン罹患率のトップのは乳がんであり、乳がんと診断される女性は年間に12,000人増えています。国民健康保険所は、早期発見早期治療のため、45-49歳の女性に2年に1回マンモグラフィー検査を行うよう推奨してます。しかし、1/4の乳がん患者は45歳未満の方で、そして半分以上の女性の乳房組織密度が高いため、マンモグラフィー検査にて腫瘍を発見されにくい可能性があります。
乳房疾患の初期症状としてよく見られたのは乳房の痛みです。妊娠、授乳中の乳房トラブルは女性にとって一番の悩みです。禾馨乳房医療チームはその悩みを重視し、改善に対する新たな方法を提案し、女性一人ひとりにより良い医療サービスを提供できるように日々努力しております。

 

  • 超音波自動ブレストボリュームスキャナ(ABVS)乳房の腫瘍、密度が高い乳房や妊娠、授乳中の乳房にとって、最も良い診断方法は乳房超音波です。しかし、一般乳房エコー検査はヒューマンエラーに影響され、写真、映像が揃えない事もあります(一般乳房エコーは約10枚撮れる、AVBSは2000枚以上の写真、映像が確認されます)研究により、1センチ未満の腫瘍や乳腺の中の病変は一般乳房エコーより、AVBSの方が高い発見率を出せれます。 AVBSは標準化した映像を表示出来ます。そして、ボリュームデータを取れるため、両方に多数の病変部が見られるとしても個々に記載出来ます。禾馨医療のホームページとアプリの映像検索に詳しい説明が見えますので、映像のチェックと前後の比較も全面的に出来ます。
  • 超音波経由のキズが小さい乳房腫瘍手術(微創手術)乳房検査は早期の乳がんを発見するだけではなく、がんなる前の病変もしくは良性腫瘍にも発見出来ます。そして、超音波経由の針生検を疑似病変部に検査尚且つ診断を行えます。追跡期間に良性腫瘍が悪性になる可能性があるため、良性腫瘍やハイリスク腫瘍を摘出する事が必要になります。どの様な術式は病変部が落ち着いている状況に尚且つ体への負担を出来る限り与えない様に行えるか?との疑問について、真空吸引システムは最適な術式と考えられる。微創手術を行うこともいい選択肢です。乳輪の辺りに0.5センチの目立ったないキズにて、乳房腫瘍の悩みを解決出来ます。さらに、手術中に乳房撮影は継続的に行っているため、触診で発見できない腫瘍でも見つかれます。乳房の石灰化を摘出する時もこの術式を使えます。一方、もし病変部の診断はガンになるリスクが高い場合、一般手術用法にて広い範囲を摘出する必要があります。良性腫瘍の術後の外見と回復状況から判断すると、微創手術はより良い手術方法です。又、当院に手術を受ける場合は、術前に最善の病状分析を行い、患者様とのコミュニケーションを大事にとり、患者さん一人一人に治療プランを充分に理解してもらい、より良い信頼関係を築き上げたいと思います。
  • キズが小さい乳房腫瘍手術(微創手術) 超音波経由の針生検術式は乳房検診に見つかった病変部を診断するに最適な方法と思われます。真空吸引システムを使用、微創手術を行えます。乳輪の辺りに0.5センチの目立ったないキズを経由し、乳房腫瘍の悩みが解決出来ます。さらに、手術中に乳房撮影は継続的に行っているため、触診で発見できない腫瘍も見つかれます。乳房の石灰化を摘出する時もこの術式にて行えます。
  • 妊娠授乳期の乳房疾患妊娠中と授乳期にホルモン、血管増生と乳腺小葉増生の原因で、乳房は生理的に変化を現れわます、その変化は乳房の異変を隠される可能性があります。こう言う状況を予防するには、最先端の乳房撮影機器にて、予防検査と乳房腫瘍の評価を行う事を推奨しております。

禾馨美容フィットネス医療センター

今の時代、女性は自分の体はより気をつける様になっています
産後の肌や、ボーディラインやデリケートゾーンの事で受診する方も増えています
禾馨美容フィットネス医療センターは女性専属スペースを完備しており、産婦人科、皮膚科、美容外科の医師の専門知識を合わせ、高度なサビースを提供します。
当院は、いらっしゃる皆様が帰りには、自信を満ちて、心身とも回復されたベストな状態になれるよう、心を込めてサポートされて頂きます。
自分の事を大事にできる女性は 一番美しくて幸せです。

  • ボディーラインフィットネスキズがほぼないフリーズファット又は超音波で脂肪を溶かす技術を利用にて、脂肪の厚さを減少し、出産前の状態に戻れます。
  • 超音波/電波リフトアップ顔のたるみ、しわが出る事は老化の始まりです。年齢肌の原因で、美しさを失ってしまったと思うなら、是非とも非侵襲性の超音波と電波リフトアップにて、肌のハリとつやを改善しましょう。
  • デリケートゾーン、膣レーザー治療デリケートゾーン、膣レーザー治療はキズのないレーザー治療です。レーザーを用いて膣のコーラゲンを増生し、そして膣内組織のハリが満たされます。この治療は尿漏れとおりものも改善され出来ます。
    産後4から6週の間にデリケートゾーン、膣レーザー治療を受けれます、膣の緩みを改善出来る、そして尿漏れ問題も予防出来ます。

妊婦皮膚科

妊娠中のお肌のトラブルに悩みませんか、禾馨医療皮膚科の先生と相談しましょう!!

妊娠中のお肌トラブルとは?

妊娠中のお肌トラブル元は女性ホルモン「プロゲステロン」「エストロゲン」の分泌が増えてためです。また、ホルモンバランスが崩れ、代謝に変化が起き、回復が遅れやすくなるため、妊娠中にお肌トラブルが起き易くなります。例えば、しみ、そばかす、色素沈着、皮膚乾燥、かゆみ、にきびとむくみ等があります。しかし、妊娠中のお肌トラブルについての治療方法は制限がある為、通常より改善が目立ったない状況もあります。禾馨皮膚科は米国のFAD薬剤分類システム利用し、適正な薬剤を選び、治療を行います。妊婦さんも産婦も安心で治療を受けられます。